マンションの買い替え必勝法

持ち家が良いか賃貸が良いかなんて、まだ言ってるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンションの画像




例えばGoogleで「持ち家 賃貸」のキーワードで検索すれば、かなり多くの人が、持ち家派と賃貸派を戦わせる文章を書いています。

確かに、持ち家に住むのと賃貸住宅に住むのではどちらが得なのか気になるテーマですが、なかなか答えが出ないテーマであるようです。

持ち家が得!派と賃貸が得!派それぞれの意見

持ち家が得だという方の言い分はこうです。

ローンの支払いが終われば、持ち家は自分のもの。もう月々の支払いがなくなります。歳をとってからもまだ住居にお金を払うのは無理です。家賃に追われる生活なんてごめんです。

逆に、賃貸が得だという方の言い分はこうです。

賃貸なら家賃さえ払っておけば、家が壊れても大丈夫。大家さんが直してくれますから。それに家賃を払い続けるといってもそれは当然の経費です。

どちらも正しそう。これでは結論は出ませんね。

なぜ、どちらも正しそうに感じるのか?

それは簡単。どっちも正しいからですよね。

僕の考えでは、この「賃貸住宅に住むのと、分譲住宅に住むのはどちらが得か?」という問いは、問いの立て方がもう間違っているわけです。そもそも、「住む」というのは生きる上で絶対に必要な要素です。衣食住という3要素の中には省けるものはありません。衣食住で得をしようという邪な考えが、初めから間違っているので、比較のしようはないのだと思います。

それでは身も蓋もないではないか

得かどうかと聞かれれば答えは出ませんが、自分にはどちらが向いているのかであれば、割と簡単に答えられます。僕自身は分譲住宅に住むのに向いていると思います。

僕が分譲住宅向きである理由について、いくつか書いてみましょう。

終わりのない家賃の支払いが怖い

賃貸住宅であろうと、分譲住宅であろうと、僕の場合は、月々いくらという感じに決まった住居費(家賃や住宅ローンの返済額)が絶対にかかります。
そして、住居費は、東京住まいであるが故、大体、月々10万円から15万円のレンジの金額となります。

絶対かかるお金と考えると、賃貸でも分譲でも同じことですが、少なくとも分譲であれば、いつかはローンの支払いが終わります。終わらない家賃をいつまでも払い続けることは、おそらく老人となった僕には難しいことだと思います。

なるべくグレードの高い建物に住みたい

賃貸住宅でも月々の家賃が25万円を超えてくれば、とてもハイグレードな建物となってきますが、10万円から15万円のレンジでは、明らかに賃貸住宅よりも分譲住宅の方が、作りが良いことが多いです。

見た目、同じようなオートロックのマンションであっても、僕がかつて住んだ賃貸マンションは、戸境壁が石膏ボード製でした。戸境壁を石膏ボードで作った分譲マンションなどあり得ません。

分譲マンションの戸境壁は、鉄筋コンクリートが一般的。たまに、高層マンションなどで壁を軽量化する目的で、ALCという発砲コンクリート版で作った戸境壁もありますが、石膏ボードはあり得ません

あと、10万円から15万円の賃貸住宅は、少し狭いのです。

住宅ローンは怖くない

住宅ローンを何千万も背負うのは怖いという人もいますが、住宅ローンは全く怖くありません。

住宅ローンとは、僕に貸しているのではなく、家に貸しているのだ

住宅ローンの場合、抵当権が設定されている以上、僕個人に対してお金を貸しているというよりも、家に対して貸していると認識すべきでしょう。

金利が安い現状

他で借金するくらいなら、住宅ローンをめいっぱいすれば良いと覚えておきましょう。

最後までローンを背負う気がない

たぶん、住宅ローンを払っている途中で寿命が尽きます。
あるいは、分譲住宅のエンドユーザーになってはいけないというのがモットーなので、できれば住宅ローンを払い終わる前に、再び住宅を売却したいと思います。

あるいは、命尽きてしまうかだ。

なるべく安い金額でグレードの高い場所に住もうと思えば、消去法的にも、分譲住宅に住むしかなくなります。

まとめ

いかがでしょうか。持ち家と賃貸住宅は対立概念ではありません

もっとお金があれば、メンテナンスフリーとなる高級賃貸に住みます。

そうでないので、自分でメンテナンスをする代わりに少し内装のグレードが上がる分譲を買います。
どっちが得?などというテーマで戦う暇があったら、住宅ローンを組んだ場合、自分が老人となったときにどのような状況に陥るのかという点を真面目に考えてるべきだと僕は思います。

 

マンションの買い替え必勝法
「マンションの買い替え必勝法」では、「中古マンションの売却方法、購入方法、マンションの選び方」など売る側にも買う側にも役立つ情報を紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*