マンションの買い替え必勝法

マンションと戸建てのどっちが得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メリットとデメリット




住居の購入を考える上では、マンションと戸建てで迷うことも多いと思います。
もちろん、マンションにも戸建てにもメリットとデメリットがありますので、まとめてみました

マンションは集合住宅ですので、戸建てとは異なり、他の居住者と一つの建物をシェアして住むことになります。だからこそ、マンションならではのメリットも多いので、まずは、マンションのメリットを挙げてみましょう。

マンションのメリット

  • 一戸建てよりも物件価格を抑えることが出来る
  • 経年劣化に応じた修繕計画が立てられているので、自分だけで修繕のことを考えなくても良い
  • 鉄筋コンクリートの建物が多く、防火やセキュリティ面や保温、防音に強い
  • マンションの管理組合活動などを通してコミュニティが作りやすい

マンションのメリットはどれも集合住宅ならではメリットです。一つの建物を多数の人でシェアをしているからこそ、高い質の建物を少ないコストで使用することが出来ます

また、物件の規模が大きくなるため、駅から近い商業地などに建つことも多いことも、通勤や買い物のことを考えるとメリットと言えるでしょう。

マンションのデメリット

  • 一戸建てには発生しない費用(管理費、修繕積立金、駐車場費用)などがかかる
  • 土地が自分だけのものではないため、資産としての価値がわかりにくい
  • プライバシーが守りづらいことがある

集合住宅ですので、他の住人との関係性はメリットにもデメリットにもなりえます。騒音やにおい、マナーなどほかの住人との間に深刻なトラブルが発生することもありますし、共用部の利用方法など、自分自身も思わぬルール違反をしていないかを考えながら、丁寧に暮らす必要もあります。

それでは一戸建てにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

一戸建てのメリット

  • プライバシーが守られる
  • 自分だけの土地なので土地の活用方法により資産価値を向上できる
  • 増築や建て替えなどライフスタイルに合わせて暮らしを変えられる
  • 駐車場を自宅内に作ることで、費用を抑えることが出来る

何よりも自分だけの土地に家を建てて住むことになるので、土地の活用方法や近隣との関係性についても一定の距離を置くことが出来ることが、メリットの中心となります。

一戸建てのデメリット

  • 土地代が物件価格を引き上げてしまうことがある
  • 修繕の計画を自分自身で立て、修繕費用を準備しておく必要がある
  • 死角が多くなりセキュリティ面に不安がある
  • 木造、低層の物件が中心となるので、日当たりや騒音、においなどの問題に弱い

一戸建てのデメリットは、マンションなど集合住宅とは違い、自分一人で物件を管理する必要があるために生じるデメリットが中心となります。暮らし方の自由度が高い分、計画的に修繕資金をためておくなどしておかないと、数十年でとても住めない状態にまで荒廃させてしまうことすらあり得るのが難しいところです。

結局、マンションと一戸建てはどちらが得なの?

以前、「持ち家が良いか賃貸が良いかなんて、まだ言ってるの?」で書いたことに似ていますが、マンションに住むことと一戸建てに住むことは対立概念ではないので、どちらが得なのかというのは、大変難しい問題です。

それでも、「持ち家が良いか賃貸が良いかなんて、まだ言ってるの?」と同様に向き不向きはあると言え、僕の場合は、マンション向きだと思っています。

僕がマンション向きである理由について、いくつか書いてみましょう。

駅から近い物件に住みたい

車は持っているものの、東京暮らしは電車を利用した方が便利な局面が多いと思います。そうすると遊びに出かけるのも、出勤や通学のためにも駅から近いということは、僕の住まいの条件としては外せません。

一般的に駅から近いというと、、駅から10分以内ということになりますが、僕は、駅から5分以内を目標としています。現に、ずっと駅から5分以内の家に住んでいますが、たいていの場合、そのような地域は商業地域に隣接しています。商業地域に近い物件は戸建てよりもマンションの方が多い傾向にあるため、駅からの距離からもマンション向きということになります。

夜中にゴミ出しをしたい

戸建ての場合、近隣のごみ置き場にゴミを出す必要がありますが、地域のルールでは夜中のゴミ出しは衛生上禁止されているのが一般的です。猫やカラスなどの動物にゴミを荒らされないようにという衛生上の配慮からですが、ゴミ出しの曜日や時間を覚えておいて、それに合わせて生活をする必要があります。

一方、マンションの場合、マンションのゴミ置き場には夜中でも出して良いことになっていることが多くあります。マンションのゴミ置き場は管理員さんによって衛生的に管理されているとともに、セキュリティエリア内など、猫やカラスなどの動物が侵入する心配がないため、夜間の利用が出来て大変便利です。

建物の強度が高い

鉄筋コンクリートの一戸建てを建てようとすると莫大な費用がかかりますが、マンションが鉄筋コンクリートなのは「あたりまえ」のことです。

2011年の東日本大震災もさることながら、地震の多い国土に住むにあたっては、強度の高い建物に住むに越したことはないと僕は思います。

近年では、災害時においてもマンションなど強固な建物の住人については「自宅避難」といって、避難所まで行かずとも自宅内で避難生活を送るよう指導している自治体もあります。マンションによっては、耐震強度が学校や病院などと同等に設定されている物件もあるので、そういう物件に住む選択肢もあります。

まとめ

あくまでも個人の意見という側面が多いのですが、僕は、マンション向きだと自分で思っているので、住むならばマンションが良いと考えています。

もちろん、一戸建てにも良い面はたくさんありますし、特に、夢が持てるという意味では一戸建ての方に大きなアドバンテージがあります

予算や年齢、将来の予定など様々な要素を並べて、自分の暮らしをよく想像してみることが大切ですね。

マンションの買い替え必勝法
「マンションの買い替え必勝法」では、「中古マンションの売却方法、購入方法、マンションの選び方」など売る側にも買う側にも役立つ情報を紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

コメントを残す

*